【手元供養】いつまでも身近に…

葬祭、葬送、お墓 By sotouta

一般的に「供養」と言えば、お寺や霊園にお墓を建立して、お参りをすることをイメージされるかと思います。

近年では「納骨堂供養」「樹木葬」「永代供養墓」「散骨」と様々な葬送が行われるようになり、供養の方法というのも変化してきています。

多種多様な価値観が認められるようになり、「いつまでも故人を身近で感じていたい」「お墓が遠く中々お参りに行けない」といった理由から遺骨の一部または全部を手元において供養する手元供養という方法も行われるようになりました。

手元供養

「手元供養」は、自宅などに遺骨の全てあるいは一部を保管して、供養する形式の事で、「自宅供養」ともよばれます。

遺骨を手元に置くには、全ての遺骨を自宅に保管する「全骨安置」とお墓や納骨堂に遺骨を納めておきその一部を手元に置く「分骨安置」とに分かれます。

全骨安置

全骨安置の場合、骨壺のまま保管する方法と、粉骨(遺骨を粉状にまで砕いたもの)し骨壺に納めて保管する方法とに分かれます。

遺骨は、高温多湿な場所で保管すると、カビが生えるなどの問題が発生して遺骨の状態を損なう可能性があります。

このような衛生上の問題に対しては、粉骨を行うことで予防することが出来ます。また、粉骨することで通常の骨壺よりコンパクトな骨壺に納めることが出来ます。

分骨安置

分骨安置は遺骨の一部だけを手元供養にするものですが、遺骨を加工してペンダントやブレスレットといったアクセサリーにして保管するというふうに、多様な形態での供養方法を選択することが出来ます。

分骨にすると宗教的あるは法的に良くないと懸念される方もおられるのですが、仏教の中には、分骨を禁忌する教えは特になく、法律についても自宅の私有地にお墓を建てたり土中に遺骨を埋葬するということでなければ問題とはなりません。

また分割の際には、所定の手続きを踏んで分骨証明書という書類を発行してもらう必要があります。

分骨証明書

分骨証明書とは、遺骨を分骨する場合に発行してもらう書類の事で、遺骨を2箇所以上に分けて納骨する場合に、2箇所目以降から必要になる書類です。

分骨証明書は、予め分骨の予定が分かっていれば、火葬の際火葬場にて申し出れば発行してもらえます。

納骨後に分骨を希望する場合には、その墓地の管理者に申し出れば分骨証明書を発行してもらえます。

分骨安置の際の保管方法

分骨安置で手元供養をする場合に、アクセサリーに納める「納骨型」とアクセサリーに合成する「加工型」と二つに分かれて行われています。

納骨型

分骨安置の手元供養としては最もスタンダードな方法です。遺骨や遺骸、遺髪などを少量ペンダントやブレスレットなどアクセサリーに納めて保管します。

加工型

遺骨の中に含まれる炭素を取り出し、高温高圧をかけることによって人工的に作られる宝石を合成しアクセサリーに加工します。




カテゴリー:葬祭、葬送、お墓

sotouta