離檀する檀家

葬祭、葬送、お墓 By sotouta

改葬あるいは墓じまいの際、お寺からお墓を移転・撤去して檀家を離れることがありますが、これを、離檀と言います。

お墓を撤去した後は、またどこかのお寺の管理地内にお墓を求めて新しく檀家となることもできますし、宗教不問の墓地にお墓を構え、どのお寺の檀家にもならないということも可能です。



檀家とは

檀家とは、寺院が葬送供養を執り行うことを条件に、お布施などの経済的支援を行う、お寺の支援者です。

現代の檀家は、江戸時代制定された檀家制度(寺請精度や寺檀制度とも呼ばれます)に由来しています。

檀家制度自体は、鎌倉時代から存在していましたが、江戸幕府の宗教統制制度の目的から、特定の寺の檀家になることを義務付けられ、先祖代々宗派を変えてはいけないこととなり、次第に戸籍としての意味合いも含まれるようになりました。

元々の檀家制度では寺院の権限が強く、檀家がお寺にお布施を払い、経済的支援をすることは当然として、参拝を欠かさないことや法要を行うことなどが、檀家の義務としました。

また、お寺や宗旨を替えるなどは原則認められていませんでした。

現代の檀家

檀家制度(寺請精度)は、1871年に氏子調に引き継がれて廃止となりましたが、実質として寺墓をそのまま引き継いできていたため、制度としてではなく慣習として残っています。

しかし、経済成長に伴い農村から都市部への人口の移動などから、檀家という考え方は希薄となってきています。

檀家が離檀する理由

今日、自身が檀家となっていることをあまり意識していない方も多いようですが、お墓が寺院墓地にあれば、そのお寺(菩提寺)の檀家となっている場合がほとんどです。そして、その菩提寺の檀家をやめることを離檀といいます。

離檀の理由としては、引っ越し等で菩提寺が遠方になりお墓参りが難しくなったという理由や、高齢化でお墓参りすること自体が肉体的に負担となってきたという理由、またはお墓を受け継いでくれる継承者が居ないため撤去せざるを得ないといった理由など、さまざまです。

改葬・墓じまい

改葬・墓じまいは、現在あるお墓からご遺骨を取り出し、別の埋葬供養に替えて現在のお墓を撤去することです。

改葬・墓じまいを行う手続きのためには「埋葬証明書」「受入証明書」「改葬許可証」が必要になるのですが、「埋葬証明書」は現在お世話になっているお寺の管理者から発行してもらうため、そのときに離檀を行うことが多いようです。

離檀料

離檀料とは、檀家をやめる際に、それまでお世話になったお寺にお渡しするもので、お布施と同じです。

これまでお墓を守っていただいたことや、お世話になったことへの感謝の気持ちをあらわした「お気持ち」として包むものです。

金銭で行われるものと決まっているわけではありませんが、「離檀料」として使われるようになりました。

離檀料の支払い義務はないのですが、今までお世話になったお寺に対して、気持ちを表す方法として一般的に行われます。

お寺によっては、離壇料は受け取らないというところもありますが、反対にお寺の側から離檀料を請求してくるといったケースもあります。

離檀料相場

離檀料は、今まで先祖の供養をしていただいたお寺への感謝の気持ちとして包むものであるため、相場などに根拠があるわけではありません。

お寺とのこれまでのつながりの深さや、お寺の格によっても違うのですが、一般的には3万円~15万円ほどで、法要1回分のお布施として納める程度の金額が目安といわれています。

墓じまいの魂抜きなどの法要と合わせると、20万円ほどともいわれます。

離檀料に纏わるトラブル

近年、事情があり改葬を行った際、お寺の管理者との意思疎通が不十分であったため、数千万円ほどの高額な離檀料を請求されるなどのケースが起きています。

離檀料は、契約書に謳っていない限り法的請求根拠があるわけではありません。

そのような場合には、法律の専門家や改葬などを請け負っている石材店に相談し解決をお願いするとよいでしょう。

石材店によっては、改葬に関わる手続き全てを代行してくれるサービスがありますので、予め依頼しておく方法もあります。

全国の墓じまい・永代供養・離檀・閉眼の格安サービスなら【わたしたちの墓じまい】


カテゴリー:葬祭、葬送、お墓

sotouta