【散骨】お墓を持たず、自然に還る葬送

葬祭、葬送、お墓 By sotouta

お墓に対する考え方が多様化し、一般墓納骨堂永代供養墓樹木葬など色々と選ばれるようになりました。

お墓を持たず、自然な形に葬送する散骨も近年広く知られてきており、家族の在り方に変化が出てきたように、供養の形にも変化が出てきているようです。

ここでは、まだ一般的に普及してきたとは言い難い【散骨】について記載したいと思います。



散骨とは

散骨とは、死後ご遺骨を墓地に埋葬するのでなく、遺灰にして海や山に撒くことです。

人々のライフスタイルが変化したことで、家庭の核家族化が進み、お墓を維持することが難しい家庭が増えてきました。

お墓のある土地から遠く離れた場所に住んでいる場合、お墓参りも一苦労です。

その為、現在お墓を管理している自分がいなくなった後、子供や孫たちにお墓の世話・管理などの負担をかけることに抵抗を感じ、墓じまいを選択する方が増えてきています。

そのような背景の中、お墓を持たず自然な形で葬送する散骨は、注目されるようになりました。

散骨の種類

散骨は海や山だけに限らず様々な場所方法で行われています。

海洋散骨

山林散骨

樹木葬

空中葬

宇宙葬

海洋散骨

海洋散骨は、海にご遺骨を撒く方法で、散骨の中で最も普及しているやり方と言えます。

日本だけではなくハワイなどでも行われています。

海に撒くといっても、海水浴場など人の多いところではできませんし、漁業関係者に迷惑をかけるわけにはいきません。そこで、専門の業者に依頼して、船をチャーターし、迷惑のかからない沖合まで出て散骨をします。

散骨方法としては、1家族のみで船をチャーターしてゆっくりと散骨をする「貸切乗船散骨」と幾つかのご家族が合同乗りで船に乗り一緒に散骨をする「合同乗船散骨」があります。

費用としては「貸切乗船散骨」だと20万~30万円ほど「合同乗船散骨」だと10万~20万円ほどに収まるようです。

専門の業者に代行してもらう、「代行委託散骨」もあり、その場合だと5万円ほどの費用になります。

山林散骨

山林散骨は、山にご遺骨を撒く方法です。

しかし、海の場合と違って山には所有者がいるため、自分の好きなところに散骨できるわけではありません。

また、自治体によるのですが、その土地に散骨をすることを条例で禁止している自治体もあるため、散骨できる場所は限られています。

そのため、無用のトラブルを回避するためにも、山林散骨を専門に行っている業者に依頼するのが一般的です。

費用としては、5万~10万円ほどが相場となります。

樹木葬

樹木葬は、墓石のまわりに樹木をシンボルとしてその下に埋葬する形式のお墓です。

樹木をシンボルとしていて、お墓を立てない散骨とは違いますが、「自然と共に」とする共通点があります。

自然豊かな里山に埋葬する「里山型」と霊園や墓地の決められた区画に埋められた樹木のまわりに埋葬される「公園型」があります。

「里山型」は郊外の離れた場所にある場合が多く「公園型」は比較的アクセスしやすい近郊にある場合が多いです。

埋葬の形式が「里山型」か「公園型」あるいは「個別」か「合祀」と様々なため、費用の振れ幅が大きく5万~200万円となったりしますが、5万~80万円が相場になることが多いようです。

空中葬

空中葬とは、空中にご遺骨を撒く方法で、2種類の方法があります。

ヘリコプターや小型飛行機で空中に撒く方法

ヘリコプターや小型飛行機をチャーターし、パイロットも雇わなければならないため、他の散骨方法より費用が高めになることが多いです。

相場としては一人あたり30万~50万円ほどで、同行者が増えるとその分加算されます。

バルーンを使う方法

バルーン葬は、大きくて丈夫な気球にご遺骨を入れて、成層圏まで飛ばします。

高度30km以上の成層圏に到達してからバルーンが破裂し、ご遺骨が撒かれます。

費用は、ヘリコプターによる空中散骨よりはやや低めで、20~30万円程度が相場です。

宇宙葬

宇宙葬は、ロケットを使って宇宙にご遺骨を打ち上げる方法で、まだまだ一般的とは言えない方法です。

日本ではできないため、専門業者を通じてアメリカで行うことになります。

宇宙葬にもいくつかプランがあって、価格もそれぞれ違います。

・ご遺骨をカプセルに詰めてロケットで打ち上げるプラン:45万円

・ご遺骨を人工衛星に搭載して打ち上げるプラン:95万円

・ご遺骨を月面まで運ぶプラン:250万円

・宇宙探査機にご遺骨を乗せて打ち上げるプラン:250万円 

広がりを見せる散骨

少子化が進む今、散骨を希望する高齢者が増えています。

その背景には、墓守をする継承者不足を懸念して、お墓問題で遺族に負担をかけたくないと思う優しさから、という理由も多分にあるようです。

少子化という社会情勢、人々の生活態様の変化による新しい価値観の形成、それらの要因が散骨の広がりを後押ししているのかもしれません。


カテゴリー:葬祭、葬送、お墓
タグ:墓じまい、一般墓、納骨堂、樹木葬、永代供養墓

sotouta