【樹木葬】自然に還る、新しい価値観の葬送

葬祭、葬送、お墓 By sotouta

価値観が多様化する現代社会では、従来のお墓の概念にこだわらず、自然志向で明るく、より自由な葬送の在り方を求められてきました。

代表的な葬送は「一般墓」「納骨堂」「樹木葬」「永代供養墓」の4つです。

その中で比較的新しく人気を集めているのが、自然に包まれて眠ることができる「樹木葬」です。

【わたしたちの墓じまい】



樹木葬とは

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木をシンボルとするお墓のことで、桜や紅葉、ハナミズキなどのシンボルツリーの周りに遺骨が埋葬されます。

樹木葬と一口に言ってもそのスタイルは様々で、樹木ではなく草花や芝生で彩られたガーデン風のものなどもあります。

基本的に継承を必要としない永代供養となります。

話題の樹木葬から伝統ある寺院霊園まで霊園情報満載「いいお墓」

樹木葬の種類

様々な樹木をシンボルツリーとして選択することができますが、墓所としての特徴としては以下のように分けられます。

里山型

里山型の樹木葬とは、自然豊かな里山に埋葬する方法の樹木葬です。

一般的な墓地や納骨堂と違い、お寺や霊園が管理する里山に遺骨を埋葬します。

山林を墓地とする埋葬方法といえますので、天然の大自然に包まれて安らかに眠ることが出来ます。

里山型の樹木葬は、自然にもっとも近い形で埋葬しますので、自然に還り、そして自然と一体になっていくということを強く意識できる埋葬方法といえます。

しかし、周囲の環境に合った樹木しか植樹できない、樹木の手入れがしにくい、お墓参りや掃除が大変、人通りが少なく、荒らされる心配があるなどの問題点もあります。

公園型

公園型は1人ずつ植樹をせずに、霊園や墓地の決められた区画に埋められた樹木の周囲に埋葬する方法です。

合同で眠るタイプや個別に埋葬する、家族で埋葬するなど色々なタイプがあります。

庭園のようなガーデニングタイプの樹木葬や、大自然を借景にした壮大な樹林墓地、お寺の一角を造成し草花などを植えた樹木葬など、その種類は多種多様です。

公園タイプは立地条件が良いところが多く、お参りがしやすいのも特徴として挙げられます。

樹木葬の埋葬方法

樹木葬というと、その言葉の響きから「自然に還る」というイメージを持ちますがご遺骨を自然の中に撒いて散骨をする訳ではありません。

樹木葬はお墓の一種です。お墓の形が石ではなく樹木になるということであり、自治体への手続きや、必要書類なども、通常のお墓への埋葬と変わりありません。

合祀型
骨壺からご遺骨を取り出し、他の方のご遺骨と一緒にまとめて埋葬する方法です。

共同埋葬型
ご遺骨をひとつの大きなスペースに埋葬します。
ご遺骨は骨壺や骨袋などに入った状態ですので、他人の遺骨と一緒にはなりません。

個別埋葬型
ご遺骨を骨壺や骨袋などに入れ、個々の区画に埋葬します。

埋葬する際に通常の骨壺のままではなく、ご遺骨をパウダー状に粉骨して専用の小さな容器や、木綿等でできた骨袋などに移し替える場合があります。

墓標やシンボルとなる樹木の種類は様々ですが、バラなどをはじめ、ハナミズキもみじ山つつじブナカラマツなどが選ばれます。

樹木葬の価格

樹木葬は一般的なお墓に比べて安価な費用で埋葬できます。霊園や埋葬方法などによって価格はまちまちですが、合葬タイプのものでは10万円前後から購入できるところもあります。

樹木葬の価格は一般的に、永代供養料永代使用料を足したものを樹木葬墓地の価格としています。

概ね、5万円~200万円ほどになることが多いようです。

また、納骨費用、戒名、位牌、墓碑込みなど、墓地によっては含まれている場合もあり、永代供養ではない場合には、年間管理費がかかるため、事前に墓地管理者に確認を取っておく必要があります。

樹木葬の問題点

・里山型の樹木葬は、山林に埋葬しますので、その周りには数多くの植物も自生しています。
そのような場所に埋葬するので、お墓の手入れを怠ると草木は伸び放題となりお墓が荒れてしまいます。

・合祀型のような土に還すタイプの埋葬方法の場合、後にお骨を取り出して改葬するのが難しくなります。

・継承はできないことが多いです

実際の購入者の口コミなど詳細な情報から霊園を探せる「いいお墓」

樹木葬の申し込みの流れ

樹木葬は、生前に自身の眠るお墓として契約できますので、自ら気に入ったものを選び、準備することができます。

申し込みまでの流れは一般的な墓地契約と同じです。

墓石の建立がない分、墓石契約のステップが省かれるかたちです。

自身の埋葬先である樹木葬墓地を探します

見学予約をとり現地見学へ

埋葬場所が気に入ったら契約・入金の手続きを行います。

使用許可証の交付されます。

樹木葬の埋葬までの流れ

役所に死亡届が提出されます

ご遺体を火葬します。

樹木葬管理者に埋葬許可を提出し埋葬されます。

樹木葬に改装する際の流れ

①遺骨の改葬先である樹木葬墓地を探す

②新しいお墓が決まったら、墓地管理者から「受入証明書」をもらいます

③現在のお墓の管理者に改葬の意向を伝え、「埋葬証明書」をもらいます

④「受入証明書」と「埋葬証明書」の書類を持って市町村役場に行き、改葬手続きを行って「改葬許可証」をもらいます

⑤樹木葬墓地の管理者に「改葬許可証」を提出します

⑥樹木葬墓地の準備ができたら、現在のお墓の閉眼供養を行い出骨します

⑦出骨したお骨を樹木葬墓地に納骨します

樹木葬は自然に還る埋葬

樹木葬はまだ歴史の浅い供養のかたちです。

ですが、自然に還るという表現がしっくりくる埋葬方法で、公共・民間を問わず続々と整備が進んでおり、急速な広がりを見せています。

しかし、樹木葬についてまだしっかりと世間に認知されているとはいえず、樹木葬がどのようなものであるかをご存知の方はまだ少ないのが現状です。

たとえ故人が樹木葬を希望していたとしても、ご家族や親族から反発を受けるケースもあります。

樹木葬についてしっかりと学び、周囲のご家族に一般的なお墓との違いをの理解をしてもらい、自らが納得するお墓選びを進めることが大切です。

【わたしたちの墓じまい】


カテゴリー:葬祭、葬送、お墓
タグ:埋葬、改葬

sotouta