【墓じまい】お墓を整理して埋葬し直す手続き

葬祭、葬送、お墓 By sotouta

近年、高齢者を中心に、終活への関心が高まっています。特にお墓についての関心は大きく、自らが居なくなった後で、先祖代々受け継いだお墓を守ってくれる者がいないことを危惧して、【墓じまい】を考えられる方が多いようです。

【わたしたちの墓じまい】



墓じまいとは

墓じまいとは、現在霊園・墓地にある先祖代々受け継いできたお墓を処分することです。

処分をするといっても、中に入っているご遺骨を粗雑に扱うことはできませんので、正確には、古いお墓を撤去して、新しいお墓にご遺骨を納めなおすことまでを言います。

どちらかと言えばお墓の引っ越しと考える方がイメージが沸きやすいかもしれません。

墓じまい改葬はほぼ同意義で考えられています。葬送に関する意識が変わっていき、お墓に関する考え方は多様化してきています。

【わたしたちの墓じまい】


墓じまいを考えられる方が増えてきた背景

墓じまいを考えられる方が増えてきた背景には、現代社会におけるライフスタイルの変化が挙げられます。

若い方の都市部への流出という変化です。

若い方は進学や就職などをきっかけに、都会や他の地方へ出るという場合が多く、一度故郷を出た若い方は、移住先で家庭を作る場合も多くあります。

将来的に地元に戻ってくる可能性が低くなります。

そのため、子どもや孫などの承継者に頼れない、頼りたくないという考えから、お墓の将来を懸念し墓じまいを考えるようになっています。

他には、それまで遠方にあるお墓を守ってきた方が高齢となって、お墓のお参りが困難となったため、遠方にあるお墓を墓じまいし、比較的自宅に近いところにお墓を立てて、お墓参りができるようにするというやり方がされるようになっています。

墓じまいを行わないと無縁墓となる

墓じまいを行われず、お墓の名義人と連絡が取られないまま、放置された状態のお墓は、無縁墓となります。

無縁墓とされたお墓については、1年ほど墓地や霊園の管理者の方で縁故者を探すことになりますが、もし縁故者が見つからない場合は最終的に撤去されてしまいます。

そして、中に納骨してあった故人のご遺骨は合祀墓で供養されることになります。

合祀墓とは、一つの場所に複数の人の遺骨を一緒にして供養を行うお墓を指し、合葬墓合同墓などといった呼ばれ方をされることもあります。

なお、一度合祀されたご遺骨は後からの取り出しが不可能となります。

無縁墓となる可能性のあるばあいは、事前に永代供養をお寺や霊園にお願いしておく方がよいです。

【わたしたちの墓じまい】

墓じまいの流れ

墓じまいは、墓石を撤去し更地に戻して、ご遺骨を新たな場所に埋葬するというのが大まかな流れになります。

1.お墓の中身を把握しておく

お墓の中にはご遺骨がありますので、誰のご遺骨があるのか、数量、大きさ、経過年数、破損・汚損などの状態、火葬済みかどうかなどをわかる範囲で確認しておきます。骨壺に名前が書いてない場合もありますので誰の遺骨か判ったら書いておくようにしましょう。

2.墓じまい後の遺骨の行き先を決める

墓じまいにおいて、もっとも骨の折れる作業は、ご遺骨の行き先を考えることです。

墓じまいをする理由の多くは「墓守がいなくなるから」という場合ですので、その場合は管理や維持費がかからないものを選ぶことが選定基準になります。

遺骨の移転先は、お寺がご遺骨を将来的に合葬して永久に管理してくれる永代供養墓が多いです。

永代供養墓も個別型と合祀型の二種類があります。そのほか、納骨堂や墓石ではなく樹木のそばにご遺骨を埋葬する樹木葬、海や山などにご遺骨を撒く散骨自宅にて供養する手元供養などがあります。

樹木葬と散骨に関しては、故人の遺志によって行われるべきで、先祖の骨を遺族や子孫の独自の判断で、樹木葬にしたり、散骨したりすることは、周囲の理解を得にくいかもしれません。
また、埋葬してあったご遺骨を家の中におくのは、バクテリアや菌類が付着している可能性があるので、真空パックするなど細心の注意が必要です。

3.祭祀承継者同士で意見をまとめる

実は最もトラブルが多いのが親戚同士の争いです。墓じまいをする前に、祭祀承継権の確認をしておき、しっかり理解を得ておく必要があります。お墓や遺骨のことはこの祭祀承継者が全ての権限を持つことになります。

4.お寺や霊園など、現在の墓地管理者に墓じまいすることを伝える

墓地はお寺や霊園にあると思いますので、墓じまいをする旨をそれらの管理者に連絡します。

専用の書類が用意されていたりしますので、ホームページを確認するか、電話等で事前相談しておくと良いでしょう。

5.改葬許可申請をする

新しいお墓や納骨堂に改葬の場合は、現在お墓の管理している墓地・霊園の管理者が発行する「埋葬証明書」改葬先の墓地・霊園の管理者の「受入証明書」を発行してもらった後、墓地を管轄する市区町村へ出向き「改葬許可申請」の手続きを行います。

その申請書を墓じまいするお寺に提出すると墓じまいの準備が整います。

散骨や自宅供養の場合は「新しいお墓」はありませんので改葬手続申請は必要ありません。

通常はお寺や霊園にその旨を伝えて遺骨を引き取ります。但し、このあたりの解釈は自治体によって異なることが多く、中には「改葬届けがないと遺骨は渡せない!」というお寺や霊園もあります。

その場合は改葬許可申請書の改葬理由欄に「自宅で供養するため」と書いて提出します。「散骨するため」と書くと公式な判断ができないため許可されない自治体が多いです。

6.墓を撤去する専門業者を決める

撤去する業者は石材店になります。自身で決めても良いですが、敷地の狭いお寺などは指定業者さんがある場合があります。

墓石撤去の費用は平方メートルあたりいくらという見積もり方法をとりますが、墓地が狭くクレーン車が横付けできない、小型の重機が入れないとなると人海戦術しかなくなるので費用も高くなります。

2~3社から見積もりをとっておくほうが安心です。

7.墓じまいを行う

親族や管理者からの同意の取り付けや改葬許可の申請、石材店の手配といった事前準備が終わりましたら、いよいよ墓じまい自体を行う段階となります。

墓じまいの手順としては、お墓から遺骨を取り出すための閉眼法要を行い、お墓を解体・撤去していくという流れです。

開眼法要とは、閉眼法要とは、お墓に宿っている故人の魂を抜いて、お墓を元の普通の石碑の状態に戻すための儀式のことです。

8.取り出したご遺骨のお手入れをする

お墓の中にあったご遺骨は湿気を含み溶解していたり、カビが生えていたりしますので、新しい骨壺に入れ替えたりお手入れが必要になります。

自身で行うことも可能ですが、専門業者にお任せすることも可能です。

戦後間もない頃に埋葬したご遺骨は土葬や未火葬の場合がありますので、この場合は骨壺から取り出し麻袋などに入れ、ダンボールなどに収納して保管し、市役所で再火葬の申請をして再火葬します。

・永代供養(合祀)する場合→ 骨壺内の水抜き→骨壺をキレイにする。

・散骨する場合→ 乾燥→粉骨→散骨。

・納骨堂に預ける→ 洗骨→乾燥→殺菌→新しい骨壺に入れる。

・自宅供養する場合→ 水抜き→(洗骨)→乾燥→真空パック。

9.お墓の解体撤去工事を行い更地にする

更地にした後は墓地管理者に永代使用権を返納します。

10.お手入れしたご遺骨に、それぞれの葬送を行って完了です

【わたしたちの墓じまい】

墓じまいにかかる費用

お墓の撤去工事費

撤去工事の費用は、お墓の大きさや墓石の量、作業の方法、必要な機材によって変わってくるのが一般的です。

最も基本となるのが、敷地面積1平方メートルあたり10万円~20万円という相場で、このほかに機械による作業が可能であれば専門家が決める基本料金に収まる場合が多いです。

ただし、手作業が必要な場合や作業のしにくい立地の場合は追加料金が発生することもあります。

2~3社から見積もりを取り比較検討しておくことが、トラブルを回避することに繋がります。

開眼法要のお布施

閉眼法要は僧侶の方の読経が不可欠であることから、読経していただいた謝礼であるお布施も必要です。

お布施は労働対価ではなくあくまでもお礼であるため、決められた金額はありません。

ただし、目安となる金額として数千円~5万円が相場とされています。
加えて、霊園など菩提寺から離れた場所で墓じまいを行う場合は、別途僧侶の方の交通費にあたるお車代(5千円~1万円が相場)もお渡しすることが必要です。

離檀料

墓じまいをするお墓が寺院墓地にある場合は、管理しているお寺の檀家を辞めるために離檀料を支払う必要があるとされています。ただ本来、離檀料というものはなく、檀家をやめるための特別な費用はありません。しかし、それまでお世話になったお寺ですので、法要一回程度(3万円~15万円)を目安に改装手続き代として、お支払いするのが一般的です。

移転先の墓地へのお布施

別の墓地に新しくお墓を建ててご遺骨を移転する場合は、移転先のお墓の開眼法要や納骨法要を行うためのお布施も必要です。

決められた金額があるわけではありませんが、目安となる金額は10万円~20万円ほどが相場とされています。

なお、移転先が納骨堂の場合も納骨法要を行うという点では同じですので、3万円~5万円ほどのお布施が必要です。

ご遺骨の取り出し作業

閉眼法要で僧侶の方の読経や参列者によるお参りが終わった後で、お墓に納骨してある故人のご遺骨を取り出す段階があります。

自身でも行えますが専門家の方に依頼することができます。
費用として3万~5万円が相場となります。

依頼される場合は、お墓の撤去工事の時と同じように、複数社から見積もりを取っておいた方がトラブル回避につながります。

墓じまい手続きの代行サービス

墓じまいの際には役所への届け出や移転元・移転先の墓地・霊園の管理者との手続き、石材店の手配などさまざまな依頼や書類のやり取りが必要です。それら必要な書類手続きを、代行してくれるサービスのことを指します。
一般的には、10万~30万円相場となり代行してもらう内容によって変化します。

墓じまいまとめ

墓じまいは、将来的にお墓を維持していくことが難しいといった理由で、お墓自体を片付けたうえで、納骨してあるご遺骨を別の場所に移転する一連の手続きのことです。

煩雑な手続きがあり、大きな金額が動くことになります。

墓じまいを行うにあたっては、ご遺骨をこの先どのように供養していくかといった問題を、親族や菩提寺など、関係のある方々と事前によく相談して準備をしていくことが大切です。

全国の墓じまい・永代供養・離檀・閉眼の格安サービスなら【わたしたちの墓じまい】


カテゴリー:葬祭、葬送、お墓
タグ:改葬、埋葬、費用、

sotouta